ノウハウ集

Topics

2018.1.31更新

第四章 調達組織

第12回: 組織評価の7つの軸

7つの軸で評価

調達組織の能力はどのように測ることができるのでしょうか。下記7つの軸で調達組織を評価することにより、自社の強みや弱みが見えてくるかと思います。

 

1.人材管理

調達部員への研修費用やトレーニング等、“人を育てる”仕組みがどの程度あるか?

 

2.評価制度

コスト削減の成果に対するインセンティブや表彰制度、モチベーションを向上させる制度がどれくらい実態として機能しているか?

 

3.ノウハウ管理

属人化しがちなコスト管理手法を、チームとして、会社として共有する仕組みやツールが有効活用されているか?

 

4.オペレーション

コスト管理ノウハウを実際のオペレーションに落とし込み、自社でやらなくてもいい業務は外部のリソースを活用できているか?

 

5.サプライヤー管理

サプライヤー取引に関する基準の徹底と管理ツールの活用がどの程度できているか?

 

6.リスク管理

内部統制やSOP(Standard Operating Procedure)といった社内の決まりとISOやコンプライアンスといった社外の決まりを順守できているか?

 

7.組織体制

他部署との調整がやり易いかといった社内の組織間に於ける調達組織の力関係でどの程度重要視されているか?

 

自社の能力を相対的に評価するためには、他社の組織評価をする(ベンチマークを行う)必要がありますが、なかなか他社の情報を得ることは容易ではありません。提携先と両社のために共同で評価を実施するか、コンサル会社等の外部機関に依頼して行うことになります。まずは自社情報だけで組織の評価をするために、本サイトの簡易診断をしてみてください。

コストの教科書の解説記事は以下のリンクからご覧になれます。

 第1回: コスト削減の目的
 第2回: 効果と効率
 第3回: コスト削減手法の3つの視点
 第4回: コスト削減をやるべき会社
 第5回: コスト削減をやるべきタイミング
 第6回: 費目の特性と主なコスト削減施策
 第7回: コミュニケーションコスト(=時間コスト)
 第8回: 内部既存コスト
 第9回: TCO(Total Cost of Ownership)
 第10回: マインドセット
 第11回: 調達組織の役割の変遷
 第12回: 組織評価の7つの軸

コスト総研では、あなたの会社のコスト競争力を簡単に診断することができます。
診断をご希望の方はこちら

簡易診断を行う

関連記事

<戻る

ページトップへ