2018.09.17

リハビリテーション科の業務改善②~間接業務を徹底的に見直そう~

リハビリテーション科の業務改善①~残業を増やさず生産性を上げる策~の記事に引き続き、リハビリテーション科に焦点をあてます。今回は、リハビリテーション科の生産性向上を図るうえでポイントになる項目を実務の視点から紹介します。

患者の送迎

誰が病棟⇔リハビリ室の患者送迎をするかという問題は、現場レベルでよく生じます。療法士・看護師・助手の何れかが担当することになりますが、基本的な考え方は2つです。

  1. 送迎は誰でも実施できる「一般業務」であることから、生産性の視点では可能な限り助手が行うのが最も合理的です。
  2. マンパワーの関係などで助手のサポートが得られず、療法士が送迎を行う場合は、送迎の時間も疾患別リハビリテーションの20分に含めることができないか検討しましょう。車いすから降りて歩行器でリハビリ室まで行く、自分で車いすを押して病室まで帰る、という動作もリハビリの一部です。リハビリはリハビリ室だけで行うものではなく、院内のあらゆる場所で行うという考え方です。

廃用リハの見直し

廃用症候群リハビリテーション料を算定する場合は、普段のカルテ記録以外に「廃用症候群に係る評価表((別紙様式22)」を別途作成する必要があり、患者数が増えるとその分間接業務が増えることになります。

安易に病名を廃用症候群にしている場合があるため、他の疾患別リハビリテーション料を算定できないか確認しましょう。例えば、運動器不安定症の病名が付けば運動器リハビリテーション料が算定できため、様式22の作成は不要になります。

記録業務

記録は代表的な間接業務で、リハビリテーション科の業務改善①~残業を増やさず生産性を上げる策~の記事では「受け持ち患者数が多すぎると記録業務量が増えて非効率になる」と紹介しました。受け持ち患者数を適正化する以外にも、

  1. 患者一人のリハビリが終了するたびにPCに戻り記録をするのではなく、午前・午後1回ずつまとめて記録をする。
  2. 記録する項目を事前に標準化しておき、無駄な記録を減らす

といった工夫をすることで、効率化は可能です。

各種委員会や病棟カンファなどへの参加

病院には様々なミーティングがありますが、参加の必要性と参加の仕方について見直す余地はないでしょうか。例えば、これまでチーム全員参加していた病棟カンファを1人参加に減らし、その療法士が後でチームに共有する運用に変えることで、チームメンバーはカンファの時間も疾患別リハビリテーションに充てることができるようになります。

その他間接業務

受付、メッセンジャー業務、院内書類作成、物理療法・牽引装置の準備、洗濯などの補助的業務は、一つ一つは細かいですが、集約すると一人分以上の作業量になることもあります。これらはできる限り助手への移譲を検討しましょう。

基本的な方向性は、「出来るだけ多くの時間を疾患別リハビリテーションに使い、その他間接業務は出来るだけ少なくすること」です。この視点で自院の業務を見直してみると、生産性向上のきっかけが見つかるでしょう。

このページはいかがでしたか?
  • 役に立った (0)
  • 興味深い (0)
  • 面白い (0)
  • まあまあ (0)

記事をお読みになった方へ

コスト総研では、コスト削減にご興味のある皆様に
「ベンチマーク診断」「資料ダウンロード」「コスト削減サポート」
ご用意しております。詳しくはこちらをご覧ください。

資料ダウンロード

コスト削減手法を体系的にまとめたコスト総研マガジンオリジナルの資料です。
是非お気軽にご活用ください。