コスト削減施策マップ

読んですぐに実践できる!
まとめ資料を無料でダウンロード

コスト総研マガジンでは、コスト削減にご興味のある方向けに、コスト削減手法を体系的にまとめた資料をご用意しました。
コスト削減で着目するべき視点を細分化し、各ステップごとに削減できる費目、具体的な施策案をご紹介しています。
ダウンロードは無料となりますので、コスト削減を実施・検討する際の参考資料として、是非ご活用ください。

主な内容

主な項目としては、

・着目するべき視点
・対象費目
・施策案
・実行可能性

これらを整理しています。各項目ごとの説明は下記をご参照ください。

着目するべき視点

「コストを下げる」ための手法を大きく分類した場合、「単価を下げる」「数量を減らす」という2つの視点からアプローチすることが可能です。
さらに、「単価を下げる」ための手法は、「同じモノやサービスを安く入手する方法」「安い違うモノやサービスを入手する方法」という2つの視点に分類できます。このような形で、コスト削減を行う際の視点を12種類に細分化しています。

対象費目

細分化した視点に対し、それぞれ削減対象となる費目をまとめています。
主な費目は、販売促進費・旅費交通費・水道光熱費・事務用品費・・・等になります。
各費目ごとの、より具体的なコスト削減手法をまとめた記事のご用意もありますので、是非そちらも合わせてご確認ください。

施策案

施策案の一例は下記のような内容になります。
自社ですぐにでもお試しいただける施策案もございます。業務内容と照らし合わせながらご覧ください。

ライフサイクルコストを削減したい場合(例)
・節電対策(照明LED化)
・展示会用資材備品の継続利用を推進
(展示会開催ごとに製作する資材備品を減らす)
・高品質な洗浄液使用による清掃頻度低減

実行可能性

施策案の中には、コスト削減コンサルタントの力を借りないと難しいものもございます。あくまで参考値ではございますが、自社では難しいのかどうか、その実行可能性とその理由をご紹介しています。

最後に

コスト削減施策マップをご覧いただくことで、「そういえば考えてみたことなかった」あるいは「そういう視点で見ればよいのか」といった、新たな発見があると思います。是非、コスト削減の参考書として、ご活用ください。
更に踏み込んだ内容が知りたい、より具体的なアプローチを知りたい、という方は、コスト削減コンサルタントによる無料ヒアリングも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

資料ダウンロード

コスト削減手法を体系的にまとめたコスト総研マガジンオリジナルの資料です。
是非お気軽にご活用ください。