ノウハウ集

Topics

2017.10.31更新

第一章 コスト削減の基礎

第2回: 効果と効率

コスト削減効果は効率が良い

 

コスト削減がどれほど会社に効果があるとお考えですか?

 

例えば、あなたの会社の売上が100億円、営業利益10億円(営業利益率10%)の経営状態であるとしましょう。
年始の挨拶で社長から、「今年の数値的目標として、営業利益1億円増が必達」と言われたとします。
すると、営業部のメンバーは10億円の売上を如何に作るかを部内で話合い、戦略を立てることになります。
一方、コストの面から見ると、「1億円のコスト削減=1億円の営業利益」になります。

 

どちらが実現し易いと感じますか。

 

“それは過去のコスト削減への取組み度合いによるだろう”や“売上を作ってこそ、会社の永続的な成長がある”と言った声もあるでしょう。もちろんそれらも正しいのですが、コスト削減が利益創出に直結することも正しいのです。しかし、大半の会社、大半の人にとっては利益を出すための手段として重んじられるのは「売上を上げること」>「コストを下げること」になっているのが実情ではないでしょうか。

 

売上増加は社外(顧客)を主役として考え作る必要がありますが、コスト削減は社内を主役として考え実現できるのです。

 

つまり、効率(実現性)の面から考えた場合、コスト削減のほうが効率が良いというのは自明ですね。

コストの教科書の解説記事は以下のリンクからご覧になれます。

 第1回: コスト削減の目的
 第2回: 効果と効率
 第3回: コスト削減手法の3つの視点
 第4回: コスト削減をやるべき会社
 第5回: コスト削減をやるべきタイミング
 第6回: 費目の特性と主なコスト削減施策
 第7回: コミュニケーションコスト(=時間コスト)
 第8回: 内部既存コスト
 第9回: TCO(Total Cost of Ownership)
 第10回: マインドセット
 第11回: 調達組織の役割の変遷
 第12回: 組織評価の7つの軸

コスト総研では、あなたの会社のコスト競争力を簡単に診断することができます。
診断をご希望の方はこちら

簡易診断を行う

<戻る

ページトップへ