ノウハウ集

Topics

2018.3.2更新

コラム

パレート分析

パレート分析とは、構成要素を占める割合の大きい順に並べ、それらの割合と累積量をまとめ、上位の要素が全体にどれほどの影響を与えているかをみる分析方法です。

パレート分析を行うと、支出量の多い上位20%の項目で支出総額の80%を占めていた、などパレートの法則(20-80の法則)が読み取れる場合が多いです。

一般的に重要なもの・影響度の高いものから処理することは重要です。コスト削減においても同様で、支出割合の大きいものほど成果が出やすくなります。また、時間的・労力的リソースの観点からコスト削減を実行できる費目には限りがあるので、より効果の期待できる費目から取り組むことが重要です。

 

関連記事

<戻る

ページトップへ