2019.10.23

メンテナンスの効率化について

前回は、製造業の予知保全について記載させていただきました。
今回は、設備保全のメンテナンスにフォーカスし、メンテナンスの効率化を実現させる方法について記載させていただきます。

 

メンテナンスの実施方法について

製造設備のメンテナンスは、現地にて対応しなければいけないことが多々あります。そのため、製造設備のメンテナンスは、大きく分けて以下の3種類があります。

 

 

メンテナンスの効率化について

メンテナンス方法は先ほど述べた3種類となりますが、昨今の技術を用いて効率化が可能です。

ITサービスのような最新技術を取り入れることにより、今までのメンテナンス業務を効率化することが可能です。

最新技術を把握し、メンテナンス業務を効率化することで、手間なく、品質良く対応するができ、メンテナンスの全体の品質をより向上させることができるかと思います。工夫次第では費用をそれ程かけずに、すぐに導入できるものもあります。

 

メンテナンス業界にて利用されている最新技術について

メンテナンス業界にて利用されている最新技術例をご紹介します。

まとめ

メンテナンス業務は設備保全において重要な役割となります。
予防保全として定期的にメンテナンスするときもあれば、事後保全として異常時に実施するメンテナンスもあります。これらのメンテナンス業務を効率化することで、時間を効率的に利用でき、かつ、品質を一定に保つことが可能となります。

今回紹介した最新技術には低価格で実現できるものもあります。
自社の現状のメンテナンス業務においてどのような技術が利用できるか検討し、提供業者に相談、および、トライアル評価など、検討してみてはいかがでしょうか。

業務を効率化するためのツールを探す際は、日本テレマティーク株式会社にて提供しているコスト削減/業務改善サービスの「コストバスター」を利用するのも1つの手かと思いますので、是非利用してみてはいかがでしょうか。

コストバスターでは、コスト削減だけでなく、業務改善の方法として、業務の手間を削減するITサービスを利用した施策の提案も提供しています。業務改善の観点を把握し、ITサービスを利用して改善してみたいという方がいらっしゃいましたら、利用料無料ですので、気軽に問合せしてみてはいかがでしょうか。

今後、製造業に特化した施策の提案についても検討しているとのことですので、是非利用をご検討いただければと思います。

コスト削減/業務改善サービス「コストバスター

このページはいかがでしたか?
  • 役に立った (0)
  • 興味深い (0)
  • 面白い (0)
  • まあまあ (0)

記事をお読みになった方へ

コスト総研では、コスト削減にご興味のある皆様に
「ベンチマーク診断」「資料ダウンロード」「コスト削減サポート」
ご用意しております。詳しくはこちらをご覧ください。

資料ダウンロード

コスト削減手法を体系的にまとめたコスト総研マガジンオリジナルの資料です。
是非お気軽にご活用ください。