2020.05.22

宿泊業向けコスト削減/業務改善サービス「コストバスター」の「無料オンライン相談窓口」開設!!

 この度、日本テレマティーク株式会社と共同で運営している宿泊事業者向けコスト削減/業務改善サービス「コストバスター」において、新型コロナウイルス感染症対策として宿泊業向けに「無料オンライン相談窓口」を開設しました。

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛や営業自粛に伴い、全国の企業が大きな打撃を受けているというのは、周知の事実ではないでしょうか。新型コロナウイルスによる企業の倒産も発生しており、その中で最も多くを占める業種が、宿泊業となっています。3月の平均客室単価は前年同月に比べて3割減、稼働率は東京と大阪では20%台まで下落するなど、過去最低の水準に陥っています。渡航制限や外出自粛で国内外の宿泊客が急減し、休館を余儀なくされる施設も多く出ています。年間を通じて、繁忙期の一つであるゴールデンウィークの収入がほぼ0に近い状態となり、今後の見通しが立たない中で、施設の管理費や人件費などの支出が大きな負担となっています。

このような深刻な状態に追い込まれている宿泊事業者様を救いたいという思いから、宿泊業向けコスト削減/業務改善サービス「コストバスター」の「無料オンライン相談窓口」開設しました。

⇒具体的なコスト削減手法はこちらの記事をチェック「コロナに挑む!宿泊業における損益とコスト削減手法

 

■コストバスターとは

コンサルタントが様々な観点からお話を伺い、ご回答頂いた内容を元に、コスト削減のポテンシャル(コスト削減額の概算含む)を診断します。診断結果を分析レポートにまとめ、コスト削減/業務改善施策も含めて、ご報告・ご提案します。併せて、コスト削減/業務改善施策の実行もサポートします。

■コスト削減可能な費目

電気代、ガス代、水道代、電気設備(キュービクル)の保守点検費、エレベータ保守点検費、旅費交通費、採用広告費、複合機代、事務所などのテナントの賃料、保険代・・・など

■サービスの流れ

①お問合せ先のコストバスター担当へ連絡(メール)
担当コンサルタントがメールにてスケジュールの調整とオンライン相談窓口(WEB会議システム)へご案内します。

②オンライン相談(WEB会議システム)
WEB会議システムを通じて、担当コンサルタントがヒアリングします。ヒアリング後は、メールでのやり取りを通したヒアリングシートの内容を確認します。

③分析レポートの作成
ヒアリング内容からコスト削減ポテンシャルを診断(コスト削減額の概算含め)し、コスト削減/業務改善施策のご提案を含めた分析レポートを作成します。

④分析レポートのご送付(メール)・解説(WEB会議システム or お電話)
お客様宛てに分析レポートをメールにてご送付します。別途、WEB会議システム(または、お電話)にてレポートを解説します。

⑤コスト削減/業務改善施策の導入サポート
分析レポートにてご提案させて頂いたコスト削減/業務施策の実行を、担当コンサルタントがサポートします。

■利用料について

コストバスターのご利用は「無料」です。
※ご提案させていただくコスト削減/業務改善施策の中には、別途費用が発生するものもございます。

 

■お問合せ先

日本テレマティーク株式会社
ITプロダクトサービス部 コストバスター担当
Mail:cost-soudan@nti.co.jp
TEL:03-5351-1465
URL:https://www.nti.co.jp/jirei_3_6.html

 

⇒サービスのリリースについてはこちらのサイトをチェック
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000057043.html

 

※出典:【PRtimes,宿泊業向けコスト削減/業務改善サービス「コストバスター」、
新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、「無料オンライン相談窓口」を開設。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000057043.html,2020/05/11】

このページはいかがでしたか?
  • 役に立った (0)
  • 興味深い (0)
  • 面白い (0)
  • まあまあ (0)

記事をお読みになった方へ

コスト総研では、コスト削減にご興味のある皆様に
「ベンチマーク診断」「資料ダウンロード」「コスト削減サポート」
ご用意しております。詳しくはこちらをご覧ください。

資料ダウンロード

コスト削減の基礎から応用までを体系的に学ぶことができる、
コスト総研オリジナルの資料です。